直島と犬島

| | コメント(0)

直島と犬島へ行ってきました。

直島では『家プロジェクト』と『地中美術館』と『ベネッセミュージアム』を観て来ました。
とても良かったです。
犬島では『精錬所』を観て来ました。
すごく良かったです。

私の受けたこの素晴らしく途轍もない感動を、文書と言う手法で他者に伝えることなど不可能であり、
あえて稚拙な表現で感動を伝達してみました。
(とても良かった/すごく良かった)
そもそも感動なんてものは価値観の相違で人それぞれですし、
ましてや感動なんてものは頭で理解するものではなく、心の革命ではないでしょうか。
文書や言葉の伝達手段により知識として伝えられた出来事を、
想像力を駆使して楽しんでみても、それが本当の感動と呼べるのでしょうか。
頭でっかちで何が楽しいのでございましょうか!
肝心なことは心が震えるかではないのでしょうか。
じゃあ小説での感動はどうなんだい。
おー。

文書表現力のない私の長々とした言い訳でした。
あー恥ずかしや恥ずかしや。

と、まあ、一度体験してみては如何でしょうかと言ったところなんです。


安藤忠雄フリークの私は、いたく感動した次第で御座います。

ほろ酔い気分で書いておりましたので、

支離滅裂、お許し下さい。

IMGP4709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

直島のかぼちゃ。

IMGP4752.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ベネッセのホテル

IMGP4799.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

犬島のアートプロジェクト

IMGP4819.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

精錬所(殆どが撮影禁止ですが、ここはOK)

 

コメントする

2009年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

このブログ記事について

このページは、uedaが2009年2月 9日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「節分」です。

次のブログ記事は「お片づけ、へたくそ♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ