2009年4月アーカイブ

新茶会

| | コメント(0)

ADCEEのお客様に、中国茶を紹介している『華夏茶サロン』様がいらっしゃいます。

http://www.kakachakan.com/

 

中国の新茶はこの時期だそうです。

と言うことで、本日はADCEEの応接室で新茶会を開催することとなりました。

IMGP5193.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

私は新茶会に参加しませんでしたが、

会の終わった後に、それはそれは美味しい中国茶を頂きました。

 

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、

上記『華夏茶サロン』のホームページをご覧あそばせ。

 

 

 

久しぶりに『豊』さんへ行った。
『豊』は10人程度の客で埋まってしまう小ぢんまりしたカウンターBARである。

ママさんは50の半ばを過ぎているとは思えぬほどつやつやしたほっぺをしている。
努力しているそうだ。

しかし、ここで言うママさんの努力だが、
私個人の解釈としては、彼女にとって本当に努力なのだろうかと考えてしまう。

確かに一般論としての努力の意味は「ある目的のために力を尽くして励む」である。

しかしながら私にとっての努力とは、「その行動を取ることにより苦痛を伴わなければならない。」との考えがある。
「力を尽くす=苦痛を伴う」でなければ努力ではないと考える。

だからと言う訳ではないけれど、私は努力はしない。
何故、苦しんでまでする必要があるのか。
苦しまずにやることが最良ではないか。
苦しまずに目的へ進む方法を考えるべきではないか。

ママさんがつやつやほっぺを維持するためのお手入れに何らかの苦痛を伴うと言うのであれば、
それは正に努力であり、そうでなければ日常生活の一部である。
若しくはつやつやになるための楽しみである。

虫歯にならないための毎日の歯磨きを一般的に努力とは言わない。
日常生活の一環として当たり前に繰り返される行動である。
歯磨きすることにより脇の下が無性にくすぐったくなる体質の人が、
虫歯予防のためにくすぐったさを我慢して歯磨きするなら努力と呼べよう。
歯磨き大好きなんて人にしてみたら、歯磨きは楽しみである。
そしてどうでもいいことだが、
子供の頃の歯磨き大嫌いな私にとって、歯磨きは自分自身への虐待と思えるほどの行為だった。
正に自虐であり、歯磨きに怯える私はなんだかんだ歯磨き拒否の言い訳をのたまい、
または歯磨きした振りを繰り返し、その結果ズタボロの乳歯だった。

ここで自虐だが、
私にとっての自虐とは、「その行動を取ることにより他の精神的な苦痛を開放する。或いは快楽を得る。」との考えがある。

そうなると私の歯磨きは自虐ではない気がする。
いやいや、虫歯による痛みからの開放ではないか。
いやいや、虫歯による痛みからの開放は歯磨きでは達成できない。
歯磨きは予防であって、虫歯による痛みからの開放は歯医者へ行かなければならない。

なんてことを友人に話したらにやにやしながら、
「上ちゃんふっけーなー」と言われた。

 

毎日暖かくて良いですね。

みなさま如何お過ごしでしょうか。

 

お陰様で、ADCEEは5月16日に創立記念日を迎えます。

5月16日より4年目に入ります。

ホームページと玄関にバースデーケーキを飾ってみました。

IMGP5186.JPG

川面に桜の花弁が広がっている様子を「桜いかだ」と言うそうです。
なんと風情のある表現なのでしょうか。

「桜いかだ」は見当たりませんが、
花弁が散り、緑緑たらしい桜も好きです。
IMGP5184.JPG

ADCEEの事務所でブリザーブドフラワーのレッスンをしましょうと言うことで、

ルレーブデフルールのスタッフの方々がいらっしゃいました。

IMG_0332.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

http://lerevedesfleurs.adcee.jp/

 

みなさま、今年の母の日父の日は、

いっちょブリザーブドフラワーで決めようではありませんか♪

 

 

『どいつもこいつも不景気を言い訳にしやがって』

と夢の中でキースが言ってました。

 

昨夜、Tさんと新宿駅西口で待ち合わせて地酒の店へ行きました。

Tさんも大の日本酒好きです。

最初の一口を飲んだときの彼の感想を聞くのが楽しみです。

 

私は、酒は舌の上で転がし鼻から抜いた後、体に染み込ませるが良いと思っています。

 

私とTさんは酒の好みが似ていて、1つ1つの酒に美味しさを共感しながら飲みました。

共感できると言うことは楽しいことです。

同じ価値観で話をすることは嬉しいことです。

 

違う価値観の人と会話をすると、新たな発見があり、

これもまた楽しいです。

価値観を押し付けられるのは困ってしまいますがね。

 

昨夜は南と飛露喜の無濾過生原酒を飲みました。

無濾過生原酒の文字を見るだけで嬉しくなってしまう私とTさんでした。

メニューを見ただけで幸せな気持ちになれるなんて、なんて素晴らしいことではないでしょうか♪

 

春酣

| | コメント(0)

日に日に暖かさを増す今日この頃。

皆様如何お過ごしでしょうか。

 

桜も散って参りました。

仮に、来年以降は気候の変化で桜が咲きませんと言うことになると、

風に舞う花弁を感傷的に見つめていることでしょう。

 

春酣。

寒さの苦手な私は、

暖かいと言うことだけで、幸せな気持ちになります。

あー春はいいなー。

寒さがあるからこの暖かさがとても嬉しく感じるのでしょう。

 

春爛漫♪

| | コメント(0)

近所の桜も本領発揮です。

IMGP5173.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃は、勢い良く咲く桜を見てもなんとも感じませんでした。

桜を美しいと思う感性がなかったのか、

或いは桜よりも気を引く出来事がいっぱいあったのか、

さて、どちらだったのでしょうか。

子供の頃の私は何を見ていたのでしょう。

大人になるにつれ、

私は何を失い何を得てきたのでしょうか。

なーんちゃって。

そんなことはどうでもいいことなんですよね。

IMGP5176.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、桜きれいきれい。

 

ちなみに今夜は新入社員の歓迎会です。

お祭り騒ぎは子供の頃から好きでした。

 

 

4月ですね。
みなさまお元気でしょうか。

私は元気です。

ADCEEも元気です。

そして、新卒者を迎えパワーアップです。

新卒者を見ていると、
初めて就職した時のことを思い出します。

世間知らずだった新入社員の頃の私は、
厳しさの温かみが解らず、とんがりまくろうとしておりました。(或いはプチグレ)
お馬鹿さんでしたね。
叩かれ叩かれ、不必要な角は徐々に丸くなるものです。
ですから新入社員のみなさま、思う存分とんがって下さい。
※あらあら私は何が言いたいのでしょう。

それではみなさま、
優しさと甘やかしを履き違えず、
すべき我慢とする必要のない我慢を混同せず、
夜はぐっすり眠って、
ぶつかり合っても建設的に、
出来ないことの言い訳を得意げに話すのではなく、
「どうしたら出来るか」と考えることが仕事の本質であることを理解して、
笑顔と遊び心を忘れず、
転がる石の様に、
今年度も頑張っていきましょう。

2009年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ