無濾過生原酒に惹かれる

| | コメント(0)

昨夜、Tさんと新宿駅西口で待ち合わせて地酒の店へ行きました。

Tさんも大の日本酒好きです。

最初の一口を飲んだときの彼の感想を聞くのが楽しみです。

 

私は、酒は舌の上で転がし鼻から抜いた後、体に染み込ませるが良いと思っています。

 

私とTさんは酒の好みが似ていて、1つ1つの酒に美味しさを共感しながら飲みました。

共感できると言うことは楽しいことです。

同じ価値観で話をすることは嬉しいことです。

 

違う価値観の人と会話をすると、新たな発見があり、

これもまた楽しいです。

価値観を押し付けられるのは困ってしまいますがね。

 

昨夜は南と飛露喜の無濾過生原酒を飲みました。

無濾過生原酒の文字を見るだけで嬉しくなってしまう私とTさんでした。

メニューを見ただけで幸せな気持ちになれるなんて、なんて素晴らしいことではないでしょうか♪

 

コメントする

2009年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、uedaが2009年4月11日 13:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「春酣」です。

次のブログ記事は「心まで不景気になってはいけない!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ