忌野清志郎

| | コメント(0)

思春期の私が多大に影響を受けた音楽家の殆どは、
その当時、既にこの世に存在しない人達ばかりでした。
若くしてあの世に逝ってしまった人達ばかりでした。

当時の私は、リアルな彼らを聴いてみたいと切実に思っていました。

ジョンレノンの時もそうでしたが、
リアルな分だけに得たいの知れない悲しみが繰り返し押し寄せてきます。

ぽっかり穴が開いてしまいましたよ。

それにしても、キースより先に逝くとは思わなかった。

コメントする

2009年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、uedaが2009年5月 3日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルースは続く」です。

次のブログ記事は「忌野清志郎 青山ロックンロールショー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ