男性の上田さんをお願いできますでしょうか

| | コメント(0)

6月になりました。
皆様如何お過ごしでしょうか。
6月と言えば梅雨。
私にとって、とても苦手な日々を迎えることとなります。
下手な傘差しです。
当然のことながら苦手意識はよくありません。
苦手とは克服したときの喜びのためにあるものです。

話は変わりますが、
先日、求人広告の会社から営業の電話がかかってきました。
スタッフが取り次ぎました。
『はい、上田です。』
『上田さんでいらっしゃいますか。』
『はい、そうです。』
『すみません、男性の上田さんをお願いできますでしょうか。』
 苦笑。
『私ですが。』
 はて?
『うえだよしあきさんをお願いできますでしょうか。』
『私ですが。』

私の声は女性的な声ではありませんが、
男らしい声でもありません。
私としては、普段の私の声はあまりお気に召してはおりません。
お歌を歌う私の声は気に入っております。

ちなみに女性の声と間違えられたのは2度目でございます。

私の声は個性的です。

 

コメントする

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、uedaが2009年6月 1日 22:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人の振り見て我が振り哀れむ」です。

次のブログ記事は「私は人の言葉が解かる猿。やがて煙となって消えてしまう猿。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ