脱皮できない蛇は滅びる。

| | コメント(0)

秋が近づくと掌の皮がペロリと剥ける。
掌の形をした私の皮。
私から切り離され、自立した私の皮だった皮。
無情にもゴミ箱にポイされる。

毎年毎年アルバムに保存しておけば宝物になっただろう。
宝物とは継続される中で生まれるものだ。

毎年毎年秋の始まりに私は脱皮する。
成長のため古くなった外皮を脱ぎ捨てる。

そして日本酒で上田は栄える。

コメントする

2009年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、uedaが2009年8月26日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オーバーホール。」です。

次のブログ記事は「韓国へ行ってきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ