2009年12月アーカイブ

奥深く挿入せよ。

| | コメント(0)

他愛も無い出来事を、
面白可笑しく話して、
朗らかな気持ちで日々を過ごしましょう。

楽しいことを見つけたら、心の奥深くまで挿入しましょう。
笑顔はそうやって創られるものでしょ。

なんちゃって。

楽しいことって与えられるもんじゃないでしょ。
深く挿入することが気持ち良いことだと知っている人なら解るでしょ。

さて、2009年も残り2日となりました。

お蔭様でADCEEは健康な一年を過ごさせて頂きました。
一重に皆様のご支援の賜物と深く感謝致しております。
朗らかな気持ちで2010年を迎えられます。

皆様におきましても、
朗らかな気持ちで2010年をお迎えできますよう心よりお祈り申し上げます。


                     株式会社ADCEE 乙女部 上田義明

人様の生き方をとやかく言えた筋合いでもございませんがねぇ、
まあまあ勝手に自分で自分の枠を作っときながら、その中でもがいて不自由な顔すんじゃねーよって。
自分の人生こんなもんなんだって、消化試合するみたいに生きてんじゃねーよって。

70を過ぎた婆さん2人がプカプカ煙草を吸いながらコーヒーを啜っている。

「そんでもってさ、オレも融通の利かない体になっちまったよ。」と歯の隙間から煙を燻らせてケラケラしている。
1人の婆さんは得体の知れない染みの様な模様の入った鼠色の頭巾を被っている。
もう1人の婆さんは、パーマの途中で抜けてきたのかだかなんだか知らんが何本もの真っ赤なロッドを頭全体に巻きつけている。

ひっきりなしにくっちゃべっている。
元気で何より。
お友達になりたい。

今年も残すところ5日となりました。

今年も楽しい一年だったな~。
日に何回笑ったことか。

まるで遊んでいるみたいに沢山仕事したな~。
知らない人が見たら毎日遊んでるって思うんじゃないかな~。
まあ、それも良いよな~。
いやいや、それが良いのかもしれないな~。

以前どこかの偉い人に、
「上田君は遊び半分で仕事した方が能力を発揮するよ。」って言われて、
「そっか~」っと、あれから数年経ち、いつの間にか遊び全部になってきているのではと、
まあ、それも良いよな~。
いやいや、それが良いのかもしれないな~。

肩の力を抜いていくのが良いんだろうね。
おーれなんか肩グニャグニャだもんね。
超なで肩だしさ。

一生懸命やってるんだって思いにしがみついてたら疲れちまうよ。
まあ、それが支えになっている人もいるけどね。

どっちが良いって訳でもないし、どっちでも良いや。

机を整理していたら懐かしい写真が出てまいりました。
若かりし頃の父と私でございます。

私ったらふわふわのべべを着て、まあまあなんて可愛らしいことでしょうか。
と、自分で言うなと自己つっこみ一発おみまい。

「ほらヨシアキ写真だよ、あっち見て」と父は言っていたでしょう。
ところがところがヨシアキ君たら別の何かに興味を惹かれていたようです。
私は何を見ていたのでしょう。

撮影者は咲子夫人かもしれませんが、
多分「そんなこと覚えちゃいないよ」と言うでしょう。

遠い昔の出来事です。

そしてこの写真の面白いところは右上の映画のポスターです。
『007危機一髪』 170円
時代を感じますね。

そしてそのポスターの左の『生きたまま喰え』。
すごいタイトルですね。
で、ちなみにこの映画をインターネットで調べてみたら、
1933年に「喰ふか喰はれるか」のタイトルで大ヒットし、1963年に再編集したとありました。
1933年と言ったら戦前ですね。

話は戻りますが、この時ヨシアキ君は何に興味を惹かれたのでしょうか。
私には見えないもが見えていたかも知れません。
なぜなら私とヨシアキ君とは異なる世界に存在していますものね。

kodomo.JPG

2009年も楽しい一年でした。
楽しいと感じる心を持っていれば、2010年も楽しい一年となるでしょう。

今夜はADCEEの忘年会です♪

 

師走だからでしょうか。

バタバタ慌しくなっております。

これを忙しいと言うのでしょうか。
それとも要領が悪いと言うのでしょうか。

忙しい人と忙しそうにしている人と忙しくないのにテンパってる人と色々なカテゴリの忙しい人達が街中に溢れている。
歩きながら携帯電話に怒鳴っている人やビルの隙間で携帯電話にペコペコ誤ってる人。
朝から電車の中で爆睡している人や扉が開くと同時に全速力でホームを突っ走る人。

ピリピリした風が師走の街をより一層寒くしていく。

疲れたらサボっちゃえばいいじゃないですか。

階段を駆け抜け、間に合ってホッとしたのも束の間、反対の電車に乗って血の気の引いた顔をしている人。
反対の電車に乗ったことに気付かず読書に耽る私。 ※やがて異変に気付いて慌ててはみるが、笑い話しとして片付けてしまおうと開き直る。

今年も残すところ数日。
みなさまお忙しいことと思いますが楽しくやって行こうではありませんか。
寒い中、外回りの営業等でお疲れでしたらADCEEへ立ち寄って下さい。
温かいお茶でも飲んで行って下さい。

 

お待たせしました♪

本日、堂々の発売です。

ストーンズの若々しい演奏を存分に楽しんで下さい。

ちなみにこのアルバムはストーンズの1969年全米ツアーの模様を収めたもので、

11月27日と28日にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートから曲がセレクトされています♪

とにかくカッコイイ!

 

ハローワークで求人を始めました。

朝から電話が鳴りっぱなしです。
このご時世とは言え、考えていた以上の応募が殺到しています。

本当に大変な世の中なんですよ。
でも、大変だ大変だと口ばかりの人もいるようなので、人事ながら心配になったりします。

忘年会シーズン真っ盛り。
あっちで酔い酔いこっちで酔い酔い。
皆様如何お過ごしでしょうか。

世の中の不景気が原因なのでしょうか、
はたまた世の中の景気に関わらず不景気な心を持ち合わせている人が多いのでしょうか、
飲みながら愚痴愚痴している方々に出くわす今日この頃でございます。
出くわすと言うか、近くの席で大声でお話されているので、ついつい酒の肴にしてしまいます。

そして今週も多くの「かげぐちヒーロー」を見てまいりました。
かげぐちヒーローとはその名の如く、陰口の場での英雄です。
誰かや何かを批判、若しくは評論する。
自己正当化する。
建設的でない。
目が真剣。

酒が進むにつれ"かげぐちヒーロー見参"てな感じで笑わせてくれます。

でもまあ、「かげぐちヒーロー」の気持ちも解かりますね。
面白くないのでしょう。
認めてもらいたいのでしょう。
しゃべってすっきりしたいのでしょう。
ガス抜きは必要です。
発言が建設的なら良いですね。

そう言えば乙女部の若頭が「不満を言う奴は老けるのが早い」と言っておりました。
なるほどなるほど。
みんなー、気を付けようぜ!
笑いを取りながら不満が言えれば、聞かされる側もニコニコしていられていいですね。
不満なんだか冗談なんだか解からないし、そんなことはどっちでも良くってただ笑ってる。

笑う門には福来る。

なので私はいつもヘーラヘラのニーヤニヤ。

想像してごらん。

| | コメント(0)

今日と言う日が特別な日になってから随分と日が経ったもんです。
みんなで集まってジョンレノンパーティなんかしたもんです。

ここ数年、みんな忙しそうにしてるので、独りで酒を飲みながら聴いてます。(これはこれで楽しい♪)

私は毎年12月8日を空けておりますので、共にジョンレノンを偲びたい方がいらっしゃいましたらお声掛け下さいね。

なんと私はクリスマスイブ(12/24)に人間ドックです。

それはさておき、みなさまクリスマスの準備は如何でしょうか。

ADCEEは11月半ばより、クリスマスツリーやらなんやらでデコレートし始めております。

昨日、ルレーブデフルールの方がいらっしゃいまして、ブリザーブドフラワーでADCEEをクリスマス仕様にして頂きました。
※ルレーブデフルール(Le reve des fleurs) http://lerevedesfleurs.adcee.jp/

写真を撮りましたのでご覧あそばせ。

※私の撮影技術がへなちょこなので実際の鮮やかさや豪華さが伝わないのが残念です。
※直接見てみたい方はADCEEへ遊びに来てください。

IMGP7287.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7281.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP7286.JPG

この所、何かと世間を騒がせておりましたロニーがまたやらかしてしまいました。
皆様方にご心配をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます。
ごめんなさいです。

やんちゃが売りなストーンズですが、人様にご迷惑をお掛けしないよう精一杯努力していく所存であります。


                                        株式会社ADCEE 乙女部 上田義明

2010年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ