2010年2月アーカイブ

『上田君よぉ~、何事も謙虚が大切なんだぞー、おい』
5年位前に今はもうなくなっちゃった会社の社長さんから頂いた言葉である。

この社長さん、「いずれにしても」が口癖で、
前置きもなく「いずれにしても」と切り出してくるので、
その表情から何の話しなのか読み取らなくてはならないので勉強になった。
電話では表情も読み取れないから声のトーンだけで状況を理解しなくてはならないのでとても勉強になった。
※「ハ~イ!上田でーす」と電話に出ると名を名乗らずいきなり「いずれにしてもなー」と来るもんだから笑えた。

そしてこの社長さんはなめられるのが大好きでした。
満面に笑みをたたえます。
なめ方がへたくそだと満面朱を濺ぎます。

先日の面接会では私もなめられちゃったりしました。
多分なめられてたんだよなーと思う。
自分で言うのもなんですが、私は童顔な方なんです。
年下だと思われて求職者に語られちゃったりします。
まあこの場合、年上年下なんて関係ないんですけど、その辺のプライドがなんかなんかですね。
この人何しに来たのかなーって心配と可笑しさが交差します。

本日の最後として再び社長さんから頂いたお言葉。
「無駄の中から学べ」
「無駄の最大公約数がノウハウだ」
「無駄の大きさが成果の大きさだ」
「だからがんがん無駄をしろ」
「無駄のない奴はノウハウがない」
あと、
「シミュレーションする人は頭でっかちで進めない」

言いたいことは解かりますがね。
毎度愉快な気持ちにさせてもらいました。

ちなみに日本人です。

昨日、NSビルにてハローワーク主催の就職説明会に参加して来ました。
IT、医療、福祉が対象職種でした。
全部で71社が集まりました。

ADCEEは24人の方々と面接しました。
ありがとうございます。

福祉の応募は少なかったようです。
みなさん敬遠されるのですね。
大変な仕事と聞いていますし、向き不向きもありますでしょう。

食っていくことを1番に考えるか、やりたいことを1番に考えるかは置かれた状況にもよりますね。
世の中は平等ではないですからね。
幸せだと感じるか感じないかは別として...
なんちゃって。

何年かごとにマンションの理事となり、マンションに住む方々のために働かなくてはなりません。
来期、私の当番がやってきます。
と言うことで、本日、理事となる人達が集まり理事長や副理事長、会計役、監事等を決めることとなりました。
厳選なるあみだくじの結果、理事長となってしまいました。
あちゃ~。
オフモードでは引っ込み思案の私はどうしたら良いのでしょうか。
先頭に立ってメンバーを引っ張っていかなくてはなりません。
取り敢えず、「お任せ下さい」と笑顔を見せてはみたものの...
まずは理事会のキックオフ飲み会でも開いてみますか。

窓の外を眺めたら雪が積もっているではありませんか!

憶測により一歩も動けなくなっちゃうんだよなー。
頭の中が混乱しちゃってる。
解る気もするよな。
誰もがそんなに強くないし、強いことが必ずしも必要ではないし。
団体の多くは強さを人物の良し悪しとして判断するけれど...
とまあ、自分もそんな環境の中で生活の大半を過ごしているけれど...

強さとかそんなものどうでも良いところで仲良くしていられるといいんだけどな。

今日は午後からレコーディングでした。
撮り直しが続きましたが「誰も知らないところで笑おう」が、ざっくりと形になりました。

音楽を再開してから仕事関係以外で自分より一回り以上離れた人達と飲むことが増えました。
バンドのメンバーと飲む時は音楽の話題で溢れますが、
ライブを見に来られたお客さんと飲む時は、仕事や恋愛や日常の諸々の話しで盛り上がります。
私としてはジェネレーションギャップを感じませんが、彼等はどう感じているのでしょうかねぇ。
勿論人にもよりますが、彼等には内から来る熱さがありますね。(一般論で言えば若さですかね)

同世代と飲んでいると、「あの情熱は何処に行っちまったんだい」と思うことがあります。
同世代には鼻であしらわれるイタズラを、一回り以上離れた人達は受け入れてくれますよ。
情熱のある人達は私のイタズラに「はいはいはいはい」なんて言わないです!
むしろ喜んでくれますよ!(って感じているのが自分の思い込みだったら笑える)

まあ何が言いたいのかと言えば、
みんな何だかんだ理由を付けてつまんなくなっちまったなーと、
そんな大人には成りたくないもんだ。

って、いい年こいて何やってんだって感じなんでしょうかね。

クリムトの画集を見ながら酒を飲んでましたよ。
クリムトの世界のような衣装をまとってステージで歌いたいなー。

そう言えば、今年に入ってから美術館へ行ってないや。
また直島へも行きたいな~。
あれから1年経ったよ。
http://blog.adcee.jp/2009/02/post-33.html

 

louver-ue.JPG

 

 

 

 

 

 

『ルーブル美術館にて物思いにふける上田義明』

今日は午後からスタジオでした。
みっちり演ったので指先が痛い。

友人にバンドの話しをすると、
「上ちゃん、趣味があっていいよなー」と言われた。
「趣味じゃなくて完全プロ志向なんだけど」と答える。

それにしても"趣味があっていいよなー"っか。
友人の休日は暇なんだそうだ。

ちなみに今日は『ほとぼりつくまで隠れていよう』と言う新曲が完成した。

お友達になろう。

| | コメント(0)

今日から実習生が来ます。
楽しみだなー。
友達になれるといいなー。

毎回毎回愉快な人達がやって来て楽しくしてくれます。

そして今夜はADCEEの新年会でございます。
ところでみなさま、2月に入りましたが正月気分は抜けましたでしょうか。
いえいえ無理に抜く必要はないでしょう。
万年正月気分は乙なもの。
てなこと言ってると叱られちゃうので御免遊ばせ。

まあまあ正論を掲げて次から次へとペラペラペーラペラ喋りまくる。
後輩の育成なのだろうか、
はたまたストレスの解消なのだろうか、
何れにしても酒を飲みながらってのはなんだなー。

と、それを肴に隣の席で飲んでいた。

なんだか私はいつも人の話しを肴に飲んでいるかのように書いておりますが、
けしてそんなことはありません。
私達は私達の話しで盛り上がって飲んでいます。
勝手に大きな声が割り込んでくるだけです。
酔っ払いの大きな声はあまり好きではありません。

話しは変わりますが、このところ強烈に寒いです。
冷たい北風が顔面を直撃しても笑顔を絶やさないよう心掛けております。
立派でしょ。

「あの頃は良かったなー」と隣の席でおっちゃん2人が酒を飲んでいた。
おっちゃんと言っても私と同世代かもしれない。
その会話がなんだか痛々しく、ついつい酒のツマミにしてしまった。

あの頃が本当に楽しかったのか、
この頃が嫌だから昔が良く見えるのか、
現在の愚痴を交えながら話しをしているので多分後者だろう。

今夜はそれだけです。

2010年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ