2010年3月アーカイブ

しかし寒い。
毎度のことだけど、開花が始まり気を抜くとこの有様だ。
これじゃ体がぶっ壊れちゃうよ。
なにが暑さ寒さも彼岸までだよ。
馬鹿にしやがって。
こんなんで花見しても酔っぱらえないし、罰ゲームみたいだよ。
って言うかまだ花見してないけど。
開花が5月くらいなら、ポカポカしてて気持ち良く酔えるんだけどなー。

残すところ本日を含め5営業日で今期も終了です。
お陰様で良い着地ができそうです。
一重にみなさまのおかげです。

やっぱり石の上にも3年なんですかね。
でも大変なことはあったけれど、あんまり苦しくなかったかも。

ちなみに4月から5期目です。

咲子夫人と墓参りへ行ってきました。
彼岸なので混んでました。

私達は彼岸や盆に関わらず墓参りをします。
ちなみに宗教的なものではありません。
大袈裟に言えば私達は神頼みとかしません。

水拭きの後、空拭きして、花を取り替えて、線香を焚き、手を合わせます。

咲子夫人の旦那さんの墓はいつもピカピカです。

墓参りが終わるとランチです。
毎度のことです。

当初は、このランチが目的で墓参りをしていました。
咲子夫人は淋しそうでしたからね。
笑顔の後の沈黙は痛々しいものでした。

今はもう大丈夫です。

改めて人はうまくできているものなんだなと思いました。

開花の話しを聞いたので、そそくさと近所の桜を見に行きました。
春よ来い来いです。

IMGP7523.jpg

バランスが大切。

| | コメント(0)

最近のお気に入りは黒龍の吟醸「垂れ口」です。
私はがっつりしたものが好きなんですが、
この吟醸「垂れ口」はそう言ったタイプの酒ではありませんが実に美味い。

キリリとしいるにもかかわらず、まろやかさも感じられます。
香りは林檎や桃系の甘美なもので、口に含む前からそそられます。
ゴクンと飲んだ後の余韻もたまらないです。
そして何よりバランスが良い。

何でもそうですが、やはりバランスなんですね。

仲良しの社長さんと飲んだ帰りに下北沢の珉亭へ行きました。
珉亭は甲本ヒロトが昔々にアルバイトしていたラーメン屋さんです。

mintei1.jpgこの仲良しの社長さん、とにかくラーメンが好きで、
もう喰えないよってくらい焼き鳥食べながら日本酒を飲んだ後でも「ラーメン喰ってこ」と元気です。
また、食べるのがとても早い。
と言うか飲んでるんですね。
麺が口の中に入るとその形のまま胃に到達してる感じです。
味、解かるのかなーなんてことを思う時もありますけれど、一瞬にして味わうことのできる舌を持っているのかもしれません。

 

 

今夜は飲みながら「バンドやってるんだー、ライブを見に来てよー。」って話しで盛り上がりました。
近くの席では40歳くらいの酔っぱらいサラリーマン数人が、
やれ会社は将来的に何考えてんだの、このままこの会社にいても不安だの、
あれじゃ駄目だ、これじゃ駄目だと、ならばお前ならどうするんだいと聞き返してやりたくなるような話題で盛り上がっていました。
お前さん達がなんとかしなきゃならないのに、
もっともらしく評論して、結局依存しているだけじゃないか。
いざとなったら尻込みするんじゃないかい。
口先や小手先だけじゃ変えていくことはできないぜ。
非建設的な意見だと言うことに気付いちゃいない。
責めることしかできないから、そうやって自分を維持している。
本人はよく考えているつもりでいる。
でもそう言いたい気持ちは解かる。
ガス抜きは必要だから。

何も考えず鵜呑みにするよりはいいのかな?
きちんと噛み砕いて味わって自分のものにするのが良い。
あとは建設的に考えられればカッコイイ。

とまあ、歌詞のいいネタになるかなとニヤニヤしながら飲んでました。
代弁者となって会社の不満でも歌おうか!

mintei2.jpg

写真を整理しておりました。

kinpa.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲子夫人の旦那さんの葬儀の時のものです。
久し振りにお会いした方もいらっしゃいましたので、遠巻きに驚かれておりました。
「おー、まっきんきんだな」なんてニヤつくじさまもおりました。

突然逝ってしまいましたので、
黒くする時間もありませんでしたし、もっともこの色が葬儀に不適切とも思いませんでした。
でも、不適切に感じる人もいるから四十九日には黒ねと咲子夫人は言ってました。
ちなみに四十九日は黒です。

学生時代の私は自分で髪を切っておりましたため、アートなヘアーでした。
そんな私を咲子夫人の旦那さんは痛く嘆いておりました。
何度も美容院へ行くよう懇願されました。
アートな私は聞く耳持たず、鏡も見ずにジョキジョキ切っておりました。
そんなある日、私は大きな悪さをしてしまい反省の意味を込めて美容院へ行きました。
なんともまあ咲子夫人の旦那さんは喜んだことか。
感極まって涙流してました。
でも束の間、喉もと過ぎた私はザクッと自分で切りましたよ。

そんな私も学校を卒業してからはさまざまな理由のもと美容院へ行くようになりました。

髪の色はもっぱら黒かこげ茶でしたが、時々紫色なんかにして理解のない言葉を浴びました。

金色にしたのは咲子夫人の旦那さんが入院する3ヶ月前くらいでした。
お見舞いした際、
「その色いいな」と初めて髪のことで褒められました。

そして一ヵ月後に逝っちゃいました。
そんなもんなんですね。

今日は咲子夫人の結婚記念日です。
切ない思いをするかもしれないので結婚記念日のことは忘れた顔してました。

旦那さんが亡くなってもうすぐ5年です。
月命日を迎えるたびに「早いもんだね、あれから結構経ったね。」と話します。

月日の経つのは早いもの。

うかうかしてると持ってかれちまうよ。

先週は暖かいなぁと喜んでいたら今日は雪じゃないです。

気まぐれは嫌いな方ではないけれど、時と場合によりますね。

と言うか物事の多くは時と場合によっちゃうじゃないですか。
時と場合を外すと空気読めないとかってはじきものにされちゃいますよね。

でももしかしたら空気読めないのは病気のせいかもしれないので一概にはじいちゃうのはいけないことかもしれませんね。

暖かいですね。
春を感じますね♪。
ランチの後なんかはポワ~ンとしちゃって、
もう眠たくって眠たくって、眠いの我慢して起きてるいる自分を褒めてあげたくなりますよ。
眠たいときに眠れないのは嫌ですね。
ほんの10分でも眠ればフルパワーで働けるところを、
眠いの我慢していると思うように脳が言うことを聞いてくれません。
非合理的だと思いませんか。

緊張感が足りないとご憤慨の方もいらっしゃると思いますが、ごもっとも!
でもたまにはリラックスリラックス。

「頑張れ」を辞書で引くと「困難にめげないで我慢してやり抜く」とも出ている。
するべき我慢とそうでないものをきちんと区別しないとえらい目に会う。

今日で一ヶ月の教育実習もおしまいです。
みんなが居なくなった事務所はがらんとして寂しいもんです。

パートナー会社の営業の方と打ち合わせた時の話しです。

「ブログ拝見致しました。上田さんとストーンズとはどのようなご関係なんですか?」

どのような関係と言われても、まあそのまんまなんですけど。

「ただのファンじゃないかって話しも聞いたんですが...」

まあそりゃそうだけど、"ただの"って付けられるとなんかむっとしちゃうよ。

「でも、海外にまで行って営業されてますよね。」

まあね。

咲子夫人と久し振りに「ぱぱりーな」で食事をしました。
咲子夫人はちっちゃくなってきているそうです。
日に1mmは縮むだなんて言うから5年で見えなくなっちゃうねと話すと、
その前にあの世だよとケラケラ笑ってました。

最近は旦那さんの夢をよく見るそうです。
あの世からわざわざやってくるのかね。
眠っている時、時々あの世に行ってるんじゃないの。

元気な咲子夫人からチューリップをもらいました。

IMGP7474.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ春ですね。

2010年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ