2010年7月アーカイブ

いつもの休日。

| | コメント(0)

昨日は炎天下の中、咲子夫人の旦那さんの墓参りに行って来ました。
汗だくになってピカピカに墓を磨いて掃除しました。
手を合わせ事故と退院の報告をしました。

夕方は新宿のスタジオでした。
8月14日にレコーディングが決まりましたので、調整段階に入りました。

咲子夫人が退院することとなったので、迎えに行って来ました。

入院の支払いを済ませてからスパゲッティーを食べに行きました。

病院の食事はね、時々は美味しいものが出るけれど、
美味しいものはほんのちょっとだけしか皿に盛られてないんだよ。
あれはどうしたものかね。
あとね、ブロッコリーは口の中に入れると溶けちゃうくらい煮てあるんだよ。
あれもどうしたものかね。

利き腕をやっちまった咲子夫人は左手でホタテのクリームスパゲティ―を食べていました。

退院する人は、迎えの人が来るまでにきちんと化粧をするんだよ。
どうせ家に帰るだけなんだから化粧なんか必要ないのにね。
なんて言ってるくせに、ノーメイクの咲子夫人は大きなつばの付いた帽子を深々と被っていました。

来週から週1日のリハビリが始まります。

「病院まで片手でバイク乗ってけばいいじゃん」

実は咲子夫人は事故の2日前に新車を購入し、事故の3日後が納入日でした。

今度のバイクは外車だから90キロ出ちゃうんだよ、だから改造してもらうんだよ。
90キロ出さなければいいでしょって言ったら、
あたしはいつも全開なのよと、だから事故るんですね。

ちなみに咲子夫人のバイクは原チャです。

サイボーグ.jpg

普段はもっともらしく人を批評したりしてるのに、
いざとなったら逃げちゃう人。
いかにも調整している素振りだけど、
自分を楽な位置に持って行く事しか考えていない人。

そんな人が自分の周りにいませんようにと夢見ていたら、
蝉の鳴き声で目が覚めました。

今朝は蝉の鳴き声が聴こえませんでした。

どうしたことでしょうか。

昨日聴いたあの声は夢だったのでしょか。
そう言えば、街を歩いていても蝉の鳴き声は見当たりませんでした。

蝉の鳴き声が鳴ければ夏を感じられませんね。

私は暑い夏が好きです。

汗をかいてもヘラヘラしていられます。

昨日のあの蝉は何処へ行ってしまったのでしょうか。

もう、死んじゃったのかな?

それとも子供達に捕獲されてしまったのかな?

蝉の声。

| | コメント(0)

今年初めての蝉の鳴き声で目が覚めました。
4時ちょっと過ぎでした。
まだまだ眠り足りないので、もう一度眠ろうと試みましたが、
ミンミンミンミン威勢が良いので、勢いに負けて眠ることが出来ませんでした。
でも、まあいいっかって気持ちでした。

はっきりしたことは解かりませんが、
鳴いている蝉の声は1つでした。

それは複数ではありませんでした。

蝉の鳴き声は好きです。

好きなもに対しては、例えば自分のリズムを崩すようなことをされても許せてしまいます。

これは身勝手なことなのでしょうか。

咲子夫人のお見舞いに行って来ました。

病室は7階にあって、咲子夫人のマンションやパチンコ屋の看板や長閑な風景が見えました。

病室までの廊下の壁に1ヶ月先までの献立が貼ってありました。

結構美味しそうなものが出るんだねと言ったら、
「美味しそうに書いてあるだけだよ」とブー垂れてました。

手術の後は腕が千切れるくらい痛かったそうです。
痛みが酷い時は、痛みをこらえることで忙しくて何もできかったそうです。
痛みが治まってきたら退屈で仕様がないそうです。

こーんなリハビリするんだよって、肘を上げ下げしてました。

入院して5日目。
咲子夫人は看護師さん達とすっかり仲良しになっていました。

胃袋掴んで男をおとせ!

http://ameblo.jp/panasaw/

毎朝、ヨガをやってます。
呼吸や瞑想を目的とした体操です。
勿論、健康のためです。

私が好きなのは「死体のポーズ」です。
「死体のポーズ」で注意すべき点は、寝ちゃわないことです。

ジャンルの違いによりギターが1本抜けての初めてのスタジオでした。
かなり纏まってきましたが、ギターの絡みがないもんですから淋しいです。
曲によってはギターを弾きながら歌ってみました。
絡みが格好良く決まるとニヤけてしまいました。
こんな気持ち解かるかな。
それとマイマイクのデビューでした。

それにしてもジャンルが違うと言うことは、
同じものを見つめて行かなければならない時には、なんて残酷なのでしょうか。
ならば同じものを見つめなければ良いのでしょう。

今日は咲子夫人の入院日です。
明日は手術です。
「入院なんかしたくないよ」ってダダこねてました。

咲子夫人が入院することとなりました。
バイク事故の件です。
手術後、2~3週間だそうです。

「手術したくないなー」

放っておいて治るものではないそうです。

相変わらず声だけ聞いていると痛くないのかなーと思わせるくらい明るい。

心配させないようにしている。
他の人を巻き込まないようにしている。

ちなみに私は体調の良くない時、放っとかれる方が気楽で良いです。

かまわないでくれって感じです。

2010年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ