2010年8月アーカイブ

毎日お仕事お疲れ様です。

嫌なことがあっても歌のネタになるので、嫌なこと大歓迎です。
やりー!嫌なことGET!ってな感じですね。
最近は嫌なことがないので、そう言ったタイプの曲作りには苦戦してます。

通勤電車の中、肩に蝉を乗っけたサラリーマンがいました。
50くらいの姉さんが「動かないで」と彼を静止し、
蝉を捕らえて下北沢でドアが開いたときに放ちました。

蝉もめっきり減ってしまい寂しい今日この頃。

おーしんつくつくだかつくつくぼーしの季節の真っ只中に入りました。
哀愁を感じるでしょうか。

盆に帰ってきたあの世の人達も見かけなくなりました。

暑い暑いと文句を垂れたり浮かれて肩透かし食らうのは平和なことだよなって思います。

最近では、無防備に横たわっている蝉に触れても魂ここにあらずです。
ちょっと前までは息を吹き返したかの如く舞い上がって行ったものなのにな。

彼らの夏は終わろうとしています。

しかし日本の夏はまだまだ続くと天気予報は言っている。
暑さを苦にしない私も、直射日光をぶち込まれると脳天叩き割られそうです。

なのでガリガリ君を食べながら歩いております。

今日も夕方からスタジオです。

完全復活。

| | コメント(0)

昨夜、14日にレコーディングした音源にミックスダウンとマスタリングをしてきました。
ミックスダウンとは、レコーディングされた多チャンネルの音源をもとに、より聴きやすく、よりよい音楽にするための作業です。
マスタリングとは、ミックスダウンした音源に全体の仕上がりを視野に入れて最終的な音量調整や音質調整を行い原盤を作る作業です。

こうして3曲入りのCDが出来上がりました。

レコーディング、ミックスダウン、マスタリングのエンジニアの方には大変お世話になりました。
夜遅くまで音創りに協力して頂き、感謝してます。
CDの制作は演奏者だけではないのです。

9月17日(金)はライブです。(ジョイントライブです)
場所は『Wild Side Tokyo』です。
19時30分です。

エレクトリックバンドとしては22年振りのステージです。
完全復活です。

ここまで支援して頂いたスタッフの方々に感謝します。

咲子夫人の旦那さんが亡くなって5年が経ちました。
彼は彼の誕生日と同日に亡くなりました。

5年前の昼過ぎ。
身内が続々と病室を訪れる中、
「今日は見舞いに来る人が多いな」と言う彼に、誕生日だからだよと説明しました。

一昨日、いつものように墓参りに行きました。
猛暑の中、ピッカピカに墓を磨きました。
焼肉が焼けるのではないかなってなくらい、墓は熱くなっていました。

「1年に1回、5分でもいいから顔を見ながら話しが出来たらいいなー」と咲子夫人は言います。

もしも1年に1回5分間だけ旦那さんが現れたら、
その間彼女はずっと泣いているくせにと思いました。

昨日は12時から7時間のレコーディングでした。
3曲録りました。
・100年に1度の不況と言うけれど
・誰にも知られちゃいないこんな名曲はいかが
・炸裂馬鹿笑いが飛ぶぜ

それぞれのパートの音を録り、
出来上がったカラオケにボーカルを乗せました。

あっと言う間の7時間でした。

楽しい1日でした。

IMGP7824.JPG

蝉の鳴き声で目が覚めた。

このところ眠りが深く気持ちの良い朝を迎えている。
眠りが深いと言うことが、
こんなに嬉しい気持ちにさせてくれるなんてことを子供達は知らないだろう。

蝉の鳴き声は麻薬のようだ。
ぼんやりしていると吸い込まれてしまう。
吸い込まれないように意識を集中すると蝉を取り込むことが出来る。
口の中で無数の蝉が蠢きながら鳴き始める。
増殖する蝉は食道を滑り胃に潜み卵を産みつける。
或いは私が蝉と同化出来るのは私の中に蝉が存在するからなのかもしれない。

っと、もうお解りのように、そんな感じの深い眠りでした。

こんな気持ちを子供達は知らないだろう。

会社を辞める時、
それぞれな理由はあるものの、会社に対する不満が一番でしょう。
会社と向き合って建設的な議論の末、考え方の相違で離れて行く人もいるでしょうし、
非建設的な態度で愚痴って消えていく人もいるでしょう。
非建設的な態度で愚痴っているのに、自分では建設的だと勘違いして去っていく人もいるでしょう。

そして、そんな不満たらたらな会社から退職後も仕事をもらったりする人もいます。
生活があるからとか組織は別でも目的は一緒だとか何だかんだ理由を付けてくっつこうとする。
そして、また文句を垂れる。

裏切るとか裏切られたとか、
勘違いで裏切られた気持ちに陥ったりとか、
まあ色々とありますが、
1度裏切った奴は2度と信用しません。

信用とはなんなのでしょうか。

ギターの弦を張り替えてから、喉の調子を確かめました。
今日はスタジオです。
来週末はレコーディングです。

大切なことは健康管理です。

このところストイックだった私は3キロ近く体重が落ちてしまいました。

健康の次に大切なのはスタミナです。

ウルトラマンみたいに3分間しか仕事が出来ないとなると、
女も愛想つかしちゃうかもしれません。

ブログ、ご無沙汰しておりました。
怠けていた訳ではありません。

気が付けば8月になっていました。
蝉の鳴き声と暑さだけが今を夏だと感じさせてくれますね。
まったく季節感の損なわれた世の中です。
昔の八百屋の夏は「なす」、「きゅうり」、「とまと」で勝負だったと本家のおじさんが言ってました。
7月最後の日曜日に法事があり、その席で八百屋と季節の話しになりました。
今は季節に関係なく野菜が出てくる。
腐らせないように管理することが重要で冷房等の費用が掛る。
人間の知恵によって発生したものに対しては、新たな知恵を浮かばせないと駄目なんだそうだ。

浅はかな想像力から生まれた知恵に振り回されるのはうんざりです。

この2週間あまり、私は色々なものに束縛されておりました。
正確に言うならば、私は色々なものにより私自身を束縛しておりました。

束縛は自分の中から湧いて来るものです。
誰かに押さえつけられても反発してしまえば良いのです。
人の所為にするのはいけません。

この2週間あまり私の中のリトマス試験紙は色々な色に変わりました。
調子の良い時に偉そうな人が追い詰められた時に逃げてしまう色とか、
面と向かうと何も言えないけれど影では批判ばかりの色とか、
自分を良く見せるためにささやかな嘘をつく色とか、
みんなの為とか言って自分のためのことしか考えない色とか、
簡単なことですよと方法論を掲げるくせに、やってみてよと依頼すると尻込みする色とか、
ここ数年連絡も取り合わず遠ざかっていた人が実は気持ちはすぐ傍にあった色とか、
普段の腰は重たいけれどここ一番の時に一緒に汗をかいてくれた色とか、
敵も味方もないと考えてくれる色とか等等等、色々な色に変化しました。

目先のことしか想像できない人達は、
目先の自分の損得でものを考えてしまうので敵と味方に終始してしまう。
それでは何も解決しない。
そして暴力では何も解決しない。

そんなこんなしているうちに8月になっていました。
近所の公園の滑り台が撤去されたことや、
毎年楽しみにしていた向日葵が枯れてしまっていることや、
蝉の死骸が増えてきていることに気付きもしませんでした。

まるで恋に落ちたのかもしれません。

7月26日に発表されたストーンズのワールドツアーの噂も先程知りました。

一足早く夏休みが終わった気分の私は、いい色に焼けて一皮剥けたかもしれません。

夏は心の扉を甘してくれます。

切ない終わり方をしませんように。

2010年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ