病名を老化で済まされたが本当にそうなら困ったもんだ。

| | コメント(0)
久し振りに筋トレした。
肩を痛めこともあり遠ざかっていた。
相変わらず肩は痛く、誤魔化しながら2年経った。
幾つかの整形外科へ行ったが全く異なった診察結果を伝えられることもあり解からなくなった。
困ったお医者さんがいると言うことだ。
どの病院でも同じように正面や側面からレントゲン撮影した。
写し出された骨を眺めながら見当違いの診断を告げられる。
あーこりゃこりゃだ。
で、兎に角2年も経っているのでいい加減にストレスも溜まりもういいやって事で筋トレしてみた。
腹筋や背筋を中心に恐る恐る肩の筋肉もトレーニングしてみた。
ちょっと痛かったけど、まあいいや。

コメントする

2013年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、uedaが2013年3月 3日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久し振りの『目が覚めちゃう病』にやられた。」です。

次のブログ記事は「退屈なくらいなにもすることがなく1日が長く長く長く感じること。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ