僕の十代は跡形もなくなくなってしまった。

| | コメント(0)
10代の頃に作った曲を聴いてみた。
席替えが好きだった中学生の頃は席替えに関する歌が多かった。
高校に入学してからも日常的な歌が殆どで、傘を買ったけど雨が降らないとかシミだらけの学生服とか、何だか日記を読んでいるみたいだった。
小学生の時にクラシックギターを習っていた。
毎週の課題を熟すのが面倒で卒業とともにやめた。
中学2年の時にクラス内でフォークブームが訪れ友達がギターを弾き始めた。
クラシックよりも楽しそうだったのでお年玉でモーリスのギターを買った。
井上陽水やかぐや姫や吉田拓郎をコピーして歌っていたけどすぐに飽きてしまった。
中学3年に入って曲を書き始めた。
とにかく夢中になって詩を書いて曲を乗せた。
もちろんそんなことばかりしている受験生からはギターが取り上げられた。
ギターはなくとも詩は書ける。
歌詞カードにコード譜を書いていった。
受験も終わって卒業間近に近所の団地の集会所を借りて初めてのコンサートをやった。
緊張したけど楽しかった。

コメントする

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、uedaが2015年2月12日 06:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私は何気に運が良い。」です。

次のブログ記事は「2番目に痛かったこと。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • 乙女部の活動

ウェブページ